交渉ごとに使われる、お世辞や社交辞令。嘘くさくなく、効果的な方法に倒置法や反復法を使ういう方法がある。

社交辞令、お世辞には、ハチャメチャ口調が効く、本当に

嘘でも褒めると、やる気が上がるピグマリオン効果が先日話した方法だが、

褒めるといことは、妙にお世辞と思われやすいのが常である。

しかし、この方法は有効だ。

褒めるときは、オーバーなはちゃめちゃ口調で相手をほめちぎるのだ。

日本語などは気にしてはいけない。

聞いている側の感覚に訴え、感情に真実味が増し、

うまく相手に伝わる。

さらに、行動や表情をそれらしくすれば、こちらの感情がより相手に伝わりやすくなるはずだ。

頭のいいあなたは、そんなの無理と思うだろう。

国語的に解説すると、倒置法や反復法でいいのだ。

  • いい取引でした、本当に
  • 楽しい時間でした、とてもとても

これだけだ。

しかし当然やりすぎるのは、ダメ。

当然。