オッカムの剃刀は、同じ内容のことを解説するならば、単純な理論の方がよいとする方法論のこと。

交渉を暗礁に乗り上げないためのオッカムの剃刀

オッカムの剃刀は、同じ内容のことを解説するならば、単純な理論の方がよいとする方法論のこと

14世紀の哲学者の哲学者で神学者であるオッカムは仲間と議論をする際に

「ある事柄を説明するためには、必要以上に多くを仮定するべきでない」とする思考節約の原理をしばしば打ち出した。

オッカムの剃刀はビジネスのデータ分析でも有効。

ビジネスシーンのデータ分析においては、正しい分析モデルを使うことと同じくらいに、シンプルな分析モデルを使っていることが評価される。分析の仮定や条件、変数の数は少ない方がいい。

複雑に分析すると、どうしても複雑な説明になってしまう。

シンプルな分析モデルは説明もシンプルにしやすい。

組織で使える知識として分析結果を活用するには、より多くの人に理解してもらえるシンプルな分析モデルの方が価値があるのだ。

どうしたらシンプルな分析モデルを見つけることができるか?

それは目の前の問題に対して、分析者がどれだけ多様な観点で考えることができるかにかかっている。

多様な観点を1人で作り出すことが難しければ手伝ってもらうしかない。