交渉術と聞くと基本黒いイメージでとらえてしまう日本人。そのくせ値切る。それも立派な基本の交渉術です。交渉術の基本は地球を救うはず

交渉術は基本が大事決して悪ではない黒いものを白にする交渉術の基本

  

たしかによくいわれる基本、日常生活は交渉術の連続


交渉術と心理学の観点から、具体的例を交えながら基本交渉テクニックをわかりやすく紹介していく。

交渉術はポイントがある。
 
実は、人間の言動は、基本、無意識下で深層心理に影響を受けている。人間の思考のうち、自分自身で自覚ができているのは10%を切るといわれている。

その他、無意識部分には自分自身で制御が直接及ばない要素があるのだ。

深層心理を意識するところで、交渉というコミュニケーションを基本楽しむことで幸せな人生が訪れる。

コミュニケーション能力は基本必要ですか?
人を説得するうえで重要なのは、基本は人のつきあい、コミュニケーションである。
交渉術と言って難しく考える必要はないのだ。
交渉術とは
  • 相手の気持ちをくみ取る
  • こちらの主張をわかりやすく伝える。
  • 粘り強く説得すること

つまりコミュニケーションの基本一つというよりも
まさに交渉術はコミュニケーションなのである。
 
会社での命令、上司からされる命令、部下に下した命令。取引先から仕事を受けたり、これらすべての基本てきに出来事は、交渉術によって結果が左右されていないだろうか?

交渉術が苦手と考えられている人は基本多いだろう


  • 相手に言いくるめられてしまうのではないか?
  • 相手を怒らせてしまうのではないか?

交渉のときは、さまざまな不安が頭をよぎる。
しかし焦ることはない。交渉術は人間の心理や交渉ごとのポイントを押さえていれば、
基本、誰でもスムーズに行うことができる。

交渉術において、まじめかつ誠実であればいいという基本、考え方は間違いである。

ある程度、うそをついたり相手の思考を考えて説得する方が、交渉術はスムーズに進む。
ビジネスシーンにおいては、基本、腹黒い人ほど他人から認められ、出世していくのが常である。
普段は意識することのない、願望・不安・孤独感そして他人に向けられた攻撃心や敵意まで。
人間関係のトラブルが絶えない現代社会において仕事や家庭、プライベートで相手をうまく動かしたり、思うとおりに交渉術で操ればそんな都合のいいことはない。

そんな基本のことを知っていれば、交渉術で他人をコントロールできる。
 コントロール?
  • 他人をだましたり
  • たらしこんだり
  • 丸め込んだり
  • そそのかしたり
マイナスのイメージかもしれない。

  • WinWin交渉
  • デッドラインテクニック
  • 好意の返報性
  • ミラーリング
など交渉術の基本テクニックであるが、
もうおわかりだろう、コミュニケーションが根底にあるのである。

コミュニケーションを楽しむ。そして人間関係を気づく。
仕事もなにもかもここまでいったら基本交渉術はうまくいくのではないか?

心理学をつかった、コントロールベース。

交渉術は基本、自分が折れることでは決してない。